遺伝か環境か?ゲノム科学と社会科学の融合 (Sociogenomics) が教育界にもたらすイノベーション

Research output: Journal PublicationsPolicy or Profession paper

Abstract

人の能力を決めるのは、遺伝か環境か。より正確には、人の能力はどの程度が遺伝によって、どの程度が環境によって説明可能なのか。これは、古くから議論されてきたテーマですが、昨今の遺伝学、ゲノム科学の進展により、新たな知見が続々と明らかにされてきています。私が専攻する社会学分野でも、従来のように社会調査を通じて得られるデータに加えて、遺伝子に関するデータを使い、遺伝や環境が人々の特性・行動に与える影響を複合的に検証する試み(sociogenomics)が進められています(例えば、オックスフォード大学では社会学者がSociogenomeという大規模プロジェクトを進行中です)。
Original languageJapanese
Pages (from-to)5-13
Number of pages9
Journalα-Synodos
Volume272
Publication statusPublished - 15 Feb 2020
Externally publishedYes

Cite this